お問い合わせ

ドイツでの銀行口座開設のタイミング | 日系企業を対象にドイツ進出に関わる法人・支店・駐在員事務所設立およびドイツ国内での会計・税務サポート

お問い合わせ

ブログ
Blog

Blog記事一覧 > ドイツ法人設立 > ドイツでの銀行口座開設のタイミング

ドイツでの銀行口座開設のタイミング

2023.10.10 | Category: ドイツ法人設立

ドイツでの銀行口座開設のタイミング

株式会社R&T Consultingの今冨です。本日はドイツ法人設立に伴う、銀行口座開設のタイミングについて情報を発信していきます。
法人のお金を管理する上で銀行口座は必ず必要になるものです。日本ではみずほ銀行、三井住友銀行(SMBC)、三菱UFJ銀行(MUFG)が三大銀行として有名ですが、ドイツにもみずほ銀行、三井住友銀行(SMBC)、三菱UFJ銀行(MUFG)の3つのメガバンクの支店がございます。

メガバンクでは銀行口座開設が難しい!?

日本でメガバンクを利用しているのでドイツでも日本のメインバンクを使用したい。このような要望を多くいただくのですが最近の傾向ですとみずほ銀行、三井住友銀行(SMBC)、三菱UFJ銀行(MUFG)のメガバンクはドイツに支店はあるものの、法人設立に伴う銀行口座開設の審査が大変厳しく、メガバンクでの口座開設が断られている状態です。

日本のメガバンク支店で口座開設できない場合の対策

結果としてみずほ銀行、三井住友銀行(SMBC)、三菱UFJ銀行(MUFG)のメガバンクはドイツに支店はあるものの、法人設立時に銀行口座開設がほぼできないような状態になっております。このようなケースで当社が推奨しているのがPenta銀行です。スタートアップ向けの銀行ではありますが、口座開設をスピーディーに対応してくれますので利便性が高い銀行になります。銀行口座の開設の通常流れとしては会社設立前にお客様ご自身は銀行とやりとりを行い、情報や必要書類等をできる範囲で事前に銀行に提出します。(PENTA銀行はすべてオンラインで対応可能)

同時に公証人役場での設立社員総会を行います。その社員総会によっての公証設立証明書が発行され、その設立証明書を銀行に提示しなければなりません。提示したあとにようやく口座が使えるようになります。